基礎のチャートからマクロな情報収集までFXのトレンドの知り方を紹介

FXでいち早くトレンドを知る方法

FXのトレンドを知るために

株式との違いから知るFXの特徴

まず最初に一つ。
同じ投資だからと言って、
株式投資のノウハウを知っている人がFX投資で成功するとは限りません。
それはなぜか?
最大の理由に「経済の見方が全く違う」という点が挙げられます。

株式は企業単位での投資です。
基本的に競争相手は企業のジャンルで区分けされ、
市場が国内に収まることもよくあります。
収集すべき情報はその企業のジャンルにまつわるものがベースになるでしょう。

しかしFXは通貨単位での投資です。
では通貨を司るものは何でしょうか?
答えは国です。
FXは国単位での投資とも言えるでしょう。
国の政策や国単位の経済状態が大きく影響し、
市場は世界規模という広大な領域となります。

つまり、FXをするなら「国の経済を知る」必要があるのです。
このように比較すれば、同じ投資でも着眼点が全然違うのが分かると思います。

FXに必要なマクロ経済の視点

通貨の価値は国の価値を示す指標です。
逆に国の価値が通貨の価値を決めると考えられるでしょう。
よって、FXのトレンドを把握するためには国を把握することが大切になります。

そう考えると政策や政治のニュースに目が行くようになると思います。
特に国の金融政策に着目することは非常に重要です。
ただ、一つ勘違いしてはいけない重要なことがあります。
FXの市場は世界経済となっています。
その中での国の価値はどのような視点から評価されるものなのでしょうか?
それは他の国々からの評価です。
要するに、例えば日本国内から見た日本の評価は、
海外から見た日本の評価と必ずしも一致するとは限らないのです。

国の評価を知るには海外からの目線や意見、評判に着目するようにしましょう。
内側から見ていてはマクロ経済を把握することはできないのです。


この記事をシェアする